パパも知っておきたい「夜間断乳」「乳腺炎」「母乳外来」

まだ記事は未完成ですが、明日から友人が「夜間断乳」にチャレンジするみたいなので、力になりたくて投稿しました。見苦しい部分がありますが、お許しください…

夜間断乳って大変って聞くけどよくわからない…

夜間断乳はパパが頑張らないといけないって本当なの…

確かに、僕もよくわかりませんでしたし、危機感も薄かったです。

妻に夜間断乳レポをみせてもらって、考えが変わりました。

僕自身、職場で前例のない男性育休を1年取得しました。まわりの理解も得られにくい環境で、パタハラも受けました。それでも、家族のためにと思い、育休取得まで試行錯誤しながら突き進んできました。ここでは、僕の経験をもとにみなさんに分かりやすく解説していきます。

・夜間断乳
・乳腺炎
・母乳外来

夜間断乳はやってみないとわからない。確かに、そうですが、人の経験を見てイメージを膨らませるだけでも全く違います。僕たち夫婦の奮闘ぶりから、想像してみてくれたらうれしいです。

Baby, Breast, Breastfeeding, Care, Child, Drink, Eating

夜間断乳

夜間断乳開始までに

①夜間断乳までにツイッターでアドバイスを求める 実際のツイート👇

Twitterでいただいたコメント(要点抜粋)

1,1週間夜泣きが続くから大変。途中水分補給にマグの準備があったらよい。卒乳した後は長く寝れるため、家族みんなハッピー。
2,泣いても抱っこしても、泣き止まなくても耐え続け、寝るまで頑張ってください。1時間以上の抱っこも覚悟しておいてください。子どもは泣きつかれて寝てくれます。
3,栄養が足りているか?水分が足りているか?を把握してください。睡眠環境の整備、スケジュール、泣きに対する見極め、自分で寝られるように、すること。

たくさんの意見ありがとうございました。


②夜間断乳前日 一人時間をもらいました。

夜間断乳はパパがめちゃくちゃ頑張る!ものだと聞いています。ママが抱っこすると、子どもはおっぱいを思い出してしまい、より断乳が難しくなるからです。

そのため、心にも体にもエネルギーを蓄えるため、自由時間をもらいました。僕は温泉とサウナが大好きなので、お気に入りの温泉に行きました。ととのいました!

そして、エネルギーをためると同時に、「夜間断乳をやり遂げる」覚悟を決めました。

夜間断乳の1週間

・1日目 洗礼
なかなか寝てくれず、抱っこ寝⇒布団に置く⇒背中スイッチを繰り返し、夜間に合計3時間は抱っこしていました。大変とは、聞いていましたが、ここまでとは…

・2日目 善戦 
1日目のうまく言ったワンパターン戦術
ギャン泣き⇒抱っこ⇒落ち着く⇒ソファーで抱っこ寝⇒熟睡まで粘る(両手の力が抜けるまで)
⇒布団に置く
泣く時間が半減!これならなんとかなるかも。

・3日目 大苦戦
妻が乳腺炎で38℃越えの高熱
すぐ泣き止むし、抱っこ寝までは秒!だけど、置くと背中スイッチがエンドレス
終わりが来ない1日でした…

・4日目 大敗
ワンパターン戦術が通用せず。一瞬心が折られる。
背中スイッチを繰り返し、2時間格闘…
最後の最後に、新しい戦術「布団の中抱っこ寝」でなんとか勝利

・5日目 すんなり入眠
すぐ寝るし、背中スイッチも減りました。
そして、途中起きても、トントンで再び寝てくれます。
かなり楽でした。
一度寝たら4時間連続寝てくれました。

・6日目 爆眠の兆し
なんと、半年ぶりに5時間以上連続で寝てくれました。
ギャン泣きもなくなり、途中起きても、トントンですぐ寝てくれる!
これが、断乳の成果なのかも。

・7日目 夜間断乳の成果を実感
1度寝たら4時間以上連続寝ることが当たり前に!
夜間起きても、トントンですぐ熟睡。
今までの寝かしつけが10だとしたら、初日は50、7日目は3の印象です。

・1週間後から
1度寝たら4時間以上寝ることも、途中起きてもトントンで寝てくれる。
ただ、最初の寝かしつけが1時間かかるように…
なかなか楽に寝れるときはいつくるのだろう…笑

乳腺炎

詳しくはこちら👇

乳腺炎とは?原因や症状、予防や対処法は? – こそだてハック (192abc.com)

母乳外来

①母乳外来に通うまでの経緯

夜間のみの断乳予定でスタート。

「初日は順調なスタート」
寝かしつけは授乳。夜間断乳初日は何とか乗り切り、朝起きてから授乳。
特に張り感や痛みなどは感じませんでした。

「2日目は高熱、強い痛み→ 乳腺炎?」
寝かしつけは授乳。夜間断乳2日目を終えて朝になるが、特に張り感もなく娘も欲しがる様子もなかったので授乳せず。
その日のお昼ごろから左胸に違和感。夜にかけて悪寒が激しくなり38.4度まで発熱。おっぱいは張って痛みも強い。乳腺炎だと確信するが、悪寒がひどくとりあえず寝る。

「3日目、どうにもならず母乳外来(プロに)受診→乳腺炎」
次の日、朝になっても熱っぽくておっぱいも痛い、、どうすればいいのかわからないのでネットで検索するけどよくわからず。これはもうプロに頼るしかないと思い、近所の助産院で対応してくれそうなところを探し即電話。その日の午後診てもらえることに。
そこの助産院は桶谷式母乳育児の専門の助産師さんが運営しているところ。

母乳外来 初診

初診料5200円、高いが仕方ない。時間( 60分 ) 
診察の流れ ヒアリング ⇒ アドバイス ⇒ おっぱいマッサージ

「助産師さんからのアドバイス」まとめ
①断乳前におっぱいを整えるところから始めたほうがよかった。
②断乳1週間前からできれば通ってほしかった。
③私の場合ほぼ1年間、授乳をしていて授乳のクセがついてるみたいで、左の脇近くの乳腺をうまく吸ってもらえていなかったよう。そこが少しつまっているようで、痛みがある部分と一致しているので納得。
④おっぱいマッサージは特に痛みはなく15分ぐらいで終了。
⑤搾乳を1日1回するように言われる。
⑥入浴中は血流がよくなって母乳の生成を促してしまうので、入浴中はしないようにとのこと。
⑦断乳するならしたほうが良い。寝かしつけの授乳もやめて、完全断乳することに。(娘はまったく欲しがる様子なく少し寂しい。笑)
⑧とりあえず3日間は通うようにと言われる。。
その日の夜も熱っぽい感じはあるが悪寒はなくなった。左胸に痛みと熱感はまだある。

母乳外来 2回目以降

母乳外来 2回目
2回目以降の通院は3700円 時間( 30分 )
診察の流れ ヒアリング ⇒ おっぱいマッサージ

母乳外来2回目。今日もおっぱいマッサージ。痛みはだいぶましになっている。張り感は全くなし。左脇近くがチクチクする感じ。

母乳外来 3回目
2回目以降の通院は3700円 時間( 30分 )
診察の流れ ヒアリング ⇒ おっぱいマッサージ
母乳外来3日目。今日もおっぱいマッサージ。痛みも熱感もほぼなし。やっとおっぱいが整ってきたとのこと。これから断乳にむけて、搾乳は全くせず3日後にまた来るようにとのこと。
搾乳せず3日間経過するが、全く張ることもなく痛みや熱感もなし。

母乳外来 4回目
2回目以降の通院は3700円 時間( 30分 )
診察の流れ ヒアリング ⇒ アドバイス ⇒ おっぱいマッサージ
母乳外来4回目。おっぱいマッサージ。この頃から急におっぱいが小さくなってきた気がする。問題なく断乳に向けておっぱいが整っているみたい。搾乳していないが問題なし。次回は3日後。

母乳外来 5回目
2回目以降の通院は3700円 時間( 30分 )
診察の流れ ヒアリング ⇒ アドバイス ⇒ おっぱいマッサージ
母乳外来5回目。おっぱいマッサージ。この日は搾乳をしっかりして圧を抜くとのこと。自分でも搾乳するが、助産師さんがやるとぴゅーぴゅー出るのでさすが。まだ絞るとぴゅーぴゅー飛ぶくらい出る。最終的には初乳のような黄色っぽい感じのおっぱいが出てきたら終わりに近づいているということみたい。次は10日後。だんだんと期間を開けて様子を見ながら終わりに近づけていくらしい。完全に断乳できるのは2か月くらいかかるみたい。

母乳外来 6回目 近日中
2回目以降の通院は 円 時間(  )


コメント

タイトルとURLをコピーしました